あぶ By あぶ

あっ!!


まだ庭師だった頃のこと

先代の下で学びだして10年位が経ち、ようやく打ち合わせから設計、施工・管理まで
全てを一人で任せてもらえるようになった頃、
先代ではなくわたしを指名して仕事させてくれるようになった老夫婦がいて
その夫婦は先代のお得意さんで20年以上のお付き合いのお客さんでもあった。

そんなお付き合いをさせていただけるようになって数年が経った頃のこと・・・
 
 
そのお宅は仕事に行くと、いつも奥さんがお茶やお昼の時間になると
「まなぶさん、今日は何が飲みたいですか? どんな物を食べたいですか?」と聞いてくれていた。

ある日、作業していると奥さんがお庭に出てきて
「今日も暑いのに皆さんありがとね〜^^ 今日は何が飲みたいのかしら?、お昼はどんなものだったら食べられるかしら?」
といつものように声をかけてくれた。
そんな事を言ってもらえる事がいつも本当に嬉しくて、
ありがたいな〜と思う反面
お金をいただいて仕事してるんだからきちんと仕事して当たりまえだし、むしろできて当たりまえなのに・・・
ありがたいのになんか申し訳ないな・・・
なんて思った事があって 
「どうぞお気遣いなく^^ お仕事させていただいているだけでもありがたい事なのに・・・」
なんて奥さんと話をした事があった。

そうしたら、しばらくして今度はご主人がお庭に出てきて
「まなぶくん、ちょっとこっちに来て座りなさい。」と笑顔でわたしを呼ぶと
職人達がせっせと作業をしている庭を眺めながら縁側に2人座った。
 
IMG_5687CR2
 
すると奥さんが出てきて
「まなぶさん、コーヒがいいですか?お茶がいいですか?
冷たいのと暖かいのとどっちがいいですか?」
  「じゃあ、冷たいコーヒをお願いします」
「はい^^ お父さんはコーヒーにしますか?お茶にしますか?
冷たいのと、暖かいのとどっちにしますか?」

「わしはいつもお茶を飲むだろ?(笑)
まなぶさん、うちのはいつも聞くんじゃよ、お茶しか飲まんのに毎回コーヒにするかお茶にするかって(笑)」

「だってわからないでしょ、いつもお茶だけど、たまにはコーヒが飲みたいって思うこともあるかもしれないでしょ?
それもいつ思うかもわからないでしょ?だから毎日聞いてるんですよ(笑)」

「ま、そんな変わった年寄り夫婦の話じゃと思って聞いてくれな^^」
  「はい^^」
「わたし達はね、君がきちんと仕事できる事は十分わかっちょるんよ
親父さんにも劣らんもんを持っちょるのも分かっちょる、だから君に仕事頼んどるんよ」

  「はい、ありがとうございます。」

「こんなしてうちのが君たちに何かしてあげたいと思っちょるんは君たちが好きだからなんよ(笑)
きちんと仕事できるからだけじゃないんよね。
むしろ、きちんと仕事できても人間的に嫌いやったら仕事なんか絶対頼まんしな(笑)
職人さんは仕事ができてなんぼ!! その技術と信頼はなくてはならんよな!?
でも、それだけでは寂しいと思わんか??
それと同じくらい大切な事もあるとわしらは思っちょるんよな〜
その人がもっちょる技術や知識と同じくらいその人が好きになれる人柄ちゅうんかな〜
その人だから頼みたくなる人柄みたいなもんちゅうかな〜

当然、技術と信頼はないと困るぞ!!

君は真面目だからな〜そこがまたいいとこでもあるんじゃけどな(笑)
そんなもんとか、いろいろ含めてあんたを好きで仕事頼んどるわしらの楽しみやと思って、
ま〜そんな年寄りのわがままじゃと思ってうちのやつにつきあってくれんか(笑)」

「はい、ありがとうございます。嬉しいです。」
と答えながら、恥ずかしいと思った事があった。
 
IMG_5684
 
決して技術さえあればいいんだ!!
なんて思っていたわけではない
でも、その人だから・・・という部分を感じられなかった自分が猛烈に恥ずかしかった事を今でもよく覚えている。
 
 
あれから十数年がたった
 
 
半年くらい前かな〜
カミさんがいつも親しくしていただいている方とご飯を食べながらいろんな話をしていた時、
わたしの話になったらしく、いろいろ話したそうだ。
その時に、その方が
「あぶさんはご自分が商品だということをもっと自覚してもいいと思いますよ^^
あぶさんの撮る写真がいいと思っているからお金を払って来てくださっているのはもちろんなんですよね
それに加えて、なんかあぶさんが好きだから・・・あぶさんに会いたいから・・・という思いで申し込んでくださる方もきっといると思うんです。
そういう方に、会いに来てくれてありがとう!って気持ちがないと、”ちゃんと撮ってもらえた”という満足感だけで、残りの”会いたかった”という思いは満たされないんですよね、
ちゃんとお仕事できるのはもうわかってらっしゃると思います。だから来てくださるんだから
あぶさんが”自分が商品である”という思いをもっと自覚されるとそういう方の思いは全部満たされますよね^^
そういう方はきっと多いと思いますよ ^^」
と言ってたよ!! とカミさんが言った。
 
 
思わず はっ!! とした。
 
IMG_5743
 
何か大切なことを忘れているかも!!
いろんな意味で自分を知る、自覚するということはとても大事なんだということを
あらためて思い出したことがあった。
 
 
そして今日、昼間っからカミさんといろんな話をした
仕事のことをはじめいろんなこと・・・
もちろん、”自分が商品である”ということも^^
危うく午後の打ち合わせを忘れてしまいそうになる程(笑)
 
 
そして打ち合わせに行ってきた
 
 
帰ってきてカミさんが
「パパどうだった??」
  「うん、仕事もらってきたよ^^」
「どんな内容??」
  「うん、っていうか全部大関さんに任せます!! だって」

「よかったね〜( ̄∇ ̄)ニヤッ」
 
 
 
 
 
決して技術や経験さえあればいいなんて思っているわけではない・・・
でも、それらに囚われすぎて見失ってしまいがちなものがあったんじゃないかと思う。
というか、私の場合そういうことがあるんだと思う。^^;
だから、カミさんをはじめこうして思い出させてくれる方が周りにいてくれるんだと。

あぶ
あぶ
About me

アイスが大好き47歳、写真家

YOU MIGHT ALSO LIKE

きっかけ
April 28, 2017
今咲く花
April 21, 2017
どうでもいいよと思ってた…
January 10, 2017
見えそうで見えない・・・
May 07, 2016
メイクで変えるのではなく、メイクで帰る
April 14, 2016

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA