あぶ By あぶ

イギリス滞在記 〜ちゃんと写真も撮ってるよ編〜


あぶさんレポ写真しか撮ってないの??
って言う方がいましたが・・・まさか!!(笑)

滞在期間中、それぞれが自由に過ごす時間が2日あったので
ロンドン市内でスナップを撮りに行ってきましたよ

そのうちの1日はあちこち移動しながらの撮影
この日はちょうどイギリスがEU離脱の国民投票が行われる日で
場所によっては混雑してる可能性もあるな〜と思いつつとにかく出かけた

思ったほど混雑も見られず比較的スナップを撮るにはちょうどよい人の多さだった

写真に対しては肖像権や商業圏など難しいこの御時世なので
ほどほどな感じで移動をしながらの撮影だったけどのんびりと楽しく撮影できた感じ ^^
 
 
img489
 
午後には雨が降り始め足早に次の場所へ移動した
ダン・ブラウン氏の小説で映画『ダ・ヴィンチ・コード』の舞台となったウェストミンスター大寺院
そしてビッグベン
この周辺を小雨の降る中お散歩しながら撮影してみた
 
 
途中で大寺院の角の大きな樹の下で雨宿りしていると
同じ樹の下に入ってきたライカのカメラを持っていた女性に
「フィルムで撮ってるの?? わたしもよ!!」なんて話しかけられ
「フィルムは何??」
  「ILFORD だよ」
「わたしは Kodackよ、Hasselbladって・・・・・・・・・・よね!?、だからわたしはライカなのよ!! ^^」・・・早口で少ししかわからん
「いい写真が撮れるといいわね!!」
  「エンジョイしようね〜」と別れてそれぞれまた撮影に歩き出す

海外に行くとなぜか話しかけられる(笑)

英語苦手で全然わからないというのに
話しかけられると一気に頭フル回転しちゃうから撮影どころじゃなくなるんだけど(笑)
 
 
img468
 
もう1日は天候も良くデジタルで撮影の日だったので機材も軽くかなりの距離を歩きながら撮影できた

途中、歌を歌っている男の子に出会った
男とは思えないようなとても綺麗な声だった
「写真撮ってもいい??」と聞くと
恥ずかしそうに「いいよ」と答えると
ちょっと姿勢を良くして歌い始めた(笑)
 
 
Mac00012860
 
そして最後はハイド・パークでのんびり一休み
一人ベンチに座っているとまたここでも
「プロのカメラマンですか?」と突然若い男性が話しかけてきて
  「そうです^^、でもなぜそう思ったの??」と聞くと
「さっき撮影しているところを見ててそうだと思いました^^・・・それは1D?」とわたしのカメラを指差し聞いてきたので
  「1DXだよ」と言うと
「1DXはとてもいいカメラだと聞いてます・・・・・・・」ここから先はわたしもうまく理解できなかった(爆)
  「君は何を使ってるの??」と聞くと
「5DMarkⅢです」と言い見せてくれた。
「レンズは・・・」
ここからは少々マニアックな話で、しかも意味のわからない単語も連発でわたし自身理解できていなかったんだけど
お互いに撮った写真をモニター越しに見ながら笑顔で過ごせた(笑)
 
 
言葉はうまく通じなくてもカメラや写真を見るだけで笑顔で過ごせるってなんだか不思議だけど楽しい
会話としてはわたし自身理解できていないことの方が多い
でも、なんとなく思いつく単語を並べているだけで
撮った写真を見せ合うだけで
笑顔でいられるってある意味すごいことだと思う
お互い言葉は通じてないのにね(笑)

1日目にあった女性も、2日目にあった男性もいずれもわたしと同じ写真が好きだということには変わりはない
 
 
Mac00012864
 
海外で撮影するのにFilmは不便だな〜
空港では必ずフィルムバッグを再検査され英語であれこれ質問されて
だんだんあたまくらくらしてくるし
移動が電車となると持てる機材も限られてくる

普段車で移動してる分こういう時なんだか勝手が違うように感じてしまう

もう少しこういう時のための対策もしておこうかな ^^;;(今更かい!!)
 
 
なんだかんだ言いながらもたのしく撮影はできたということで ^^

あぶ
あぶ
About me

アイスが大好き48歳、写真家

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA