あぶ By あぶ

松の内


明日でお正月も松の内を迎え
門松や鏡餅が姿を消していつもの様相に戻る

この松の内も一般的には元旦から7日までの歳神様がいる期間とされている
と言われてるけど関西では1月15日までを松の内としている地域も多いですね

もともとは1月15日までが松の内でそのあとの20日に鏡開きをするというものだったのが
徳川家光が4月20日に亡くなったことで鏡開きを1月11日に行うことになったらしい
そしておめでたい松の内の間に鏡開きがくるのもおかしいということから今度は松の内を1月7日にしたんだとか・・・
(あれ? お正月って神様を迎える行事なんじゃないの??笑)

まっ、何れにしても歳神様を迎えることには変わりはないからいいのかな?(笑)
 
 

 
最近は門松や正月飾りをしている家も少なくなった気がする
わたしが子供の頃は玄関のドアに正月飾りをして
車のフロント部分にまでしめ縄をしている人も多かった(笑)

どこの家庭でも鏡餅は備えてあるかもしれないけど
いろいろ変わってきてるな
お正月の過ごし方すら変わってきているしね
時代にあったスタイルに変化していくんだろうな
 
 
 
 
 
 
各種撮影のご依頼をお受けしております。
詳細は こちら をご覧ください。
作品のプリント販売、写真教室のお問い合わせ・お申し込みは以下のバナーから専用サイトへ移動してご覧下さい。
 
 
shop-bannerema-bannersite-banner

あぶ
あぶ
About me

アイスが大好き48歳、写真家

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA