2016 All Japan Motocross
Champion Ship.

Kazu Racing Project MX Web Magazine

心を込めてありがとう、そしてお疲れ様でした。

シーズンオフ・ライダー特集 / 全日本モトクロスを今まで支えた3選手

ゼッケン2番 Team SUZUKI 熱田 孝高 選手

ゼッケン8番 K.R.T 田中 教世 選手

ゼッケン100番 KTMうず潮レーシング福山 北居 良樹 選手


迎えた最終戦・・・惜しまれながらも今シーズンを持って現役を引退した選手たち

選手をはじめ業界のあらゆる分野の方々が様々な形でモトクロス界へ貢献している中、今日まで先頭に立ち全日本モトクロスを盛り上げてきたことは、最終戦でのファンの声援や各メディアの発信の様子でも見て取れる。
最終戦を終えまだ間もない3選手 そんな選手たちの今シーズンの勇姿を振り返り、「お疲れ様でした」そして「ありがとう」の意を込めたいと思う。 合わせて各選手のファンへのコメントもリンクしておきます。


ゼッケン2番 Team SUZUKI 熱田 孝高 選手

 

熱田 孝高選手

 

レース後の熱田選手のコメント

「モトクロスのことだけ考えてここまでやって来たので、引退に関して正直まるで実感はない。ただ、地元でこんなに大勢の人に集まってもらえて、本当に幸せだし、トップ争いも見せることができたし、精一杯やり切った感はある。 まずはスズキとチームスタッフ、メカニック、家族や友人、そしてなによりファンのみなさんに感謝します。モトクロスを通じて日本中、世界に大勢の仲間や知り合いができた。 日本のモトクロスを取り巻く状況は決していいとは言えないので、なんとか盛り上げることができるよう、今後も関わって行きたい。モトクロスが世界を広げてくれたし、こんなにも素晴らしいスポーツに出会えたことに感謝します。 長い間応援していただいてありがとうございました。」

スズキレーシングレポート

 

 


ゼッケン8番 K.R.T 田中 教世 選手

 

田中 教世選手

 

レース後の田中選手のコメント

「全国からたくさんの方に最終戦へと足を運んでいただけましたこと、また、本当に大勢の方に声をかけていただけましたこと、心より感謝申しあげます。本当にありがとうございました。 現役最後のレース結果は、正直決して良くありませんでしたが、今の自分の力を出し切って終わることができました。また、レース後の引退セレモニーでも、たくさんの方に見送ってもらい、感謝しています。 決していいことばかりではなく、辛いこともたくさんありましたが、長年に渡ってモトクロスを続けて来ることができて、本当に良かったと思います。 今後はモトクロス界に恩返しが出来るように、若手育成に力を入れていまきます。またコースでお会いした時はよろしくお願いします。本当に長い間、ありがとうございました。

TEAM TAKASE

 

 


ゼッケン100番 KTMうず潮レーシング福山 北居 良樹 選手

 

北居 良樹世選手

 

レース後の北居選手のコメント

2000年から16年間、A級でのレース人生、そのなかで最後の6年間がKTMで走れたことが自分にとっての宝です。 KTMをA級の表彰台に登壇させたい。 その一心でやってきましたが、それを一度も自分でかなえることができなかったのが 本当に情けなくて悔しくて申し訳なかったです。 でも、今までモトクロス人生を精一杯やってきたので 満足はしていないですが、納得しています。これからも、KTMファミリーとしてモトクロスに関わっていきたいと 思っておりますのでよろしくお願いします。

uzushio-racing.com

 

 


Kazu Racing Project Web Magazine

KRP Magazine がお届けする全日本モトクロス選手権、及び各種イベントの写真は ema Photography.フォトグラファー大関 学 の撮影によるものです。 掲載されている写真のご本人及び関係者以外の無断使用はご遠慮いただきます。 写真の使用に関するお問い合わせは右のお問い合わせにてご連絡下さい。

また、各種レース、イベント、個人ライダー、ニューアイテムや情報などの取材や告知などがありましたら右のお申し込みフォームよりお気軽にご連絡・お申し込み下さい。

Product Screenshots.

Kazu Racing Project を応援してくださる皆様