photo

笑う門には福来る…

撮影の時によくある話

自然の動きとお天気ばかりは
どれだけ準備をしていてもどうすることも出来ないものである。

風は何時どう吹くか分からない
波はどう動くか分からない
雨はいつ降り出していつやむかは分からない
どんな雲がどう動くかも分からない
いつでもその時になってみないと分からない。
もう今日はダメかな…そう思って撤収すると
突然風が吹いてみたりいい波が上がったり
雲に切れ間が現れたり雨が止んだりすることも撮影の時にはよくある事だ。

だからひたすら「待つ」ことを楽しめるようになったのだと思う。

何時間もいてたった2カット、3カットしか撮らなかったなんて事もよくある話で
自粛明け久しぶりに臨んだ撮影も雨となり
2日間いて結局 4×5 で2カット
デジタルで20カット程度しか撮らなかった。

この枚数でも撮れただけありがたい。

 

<写真家あぶ(大関学)のYouTube Channel>

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。