見えているつもりだった…その2