Profile

写真家 大関学


写真家 大関学

1969年 8月19日 宮崎県生まれ
生涯作品を撮り続けられるような写真家でいられるよう、現在も作品を撮り続けながら活動している。

 幼い頃からバイクや車が好きで、大学に進学するとすぐにバイクに乗り始め、いろんな所に旅するうちに、行った先の景色を写真に撮ろうと思い、はじめて自分のカメラを買った。何も分からないまま撮り続けているうちに次第に写真を撮ることそのものが楽しくなり、写真の面白さを知った。

 大学卒業後は、庭師だった父を師事し造園の世界に入り、たくさんのことを経験していく中で、空間を創り上げるという多くの事を学び、自らが設計、施工、管理の全てを行う様になった頃から、次第に写真を撮る時間が少なくなり、いつしか自分のカメラで写真を撮ることがなくなってしまった。
ちょうどその頃、仕事中の事故で入院してしまい、入院中する事がなくベッドに横たわり真っ白な天井や、風に揺れるカーテンを眺めていた時、ふと写真を撮りたくなり、久しぶりに写真を撮ってみた。
その時から、もっと写真が撮りたいと思うようになり、その後独学で学びいろいろ撮るようになると同時に、美展やフォトコンなどで入選を経験していくようになる。
 2007年に結婚したのをきっかけに16年勤めた庭師を辞め茨城県へ移住し、いくつかの職業を経験して行く中で、自分自身が「本当にしたいことは何なのか…」そんなことを考えるようになり、家族の応援と支えもあり、2009年に写真家に転職することを決意し、フリーランスとして活動を開始する。

 出逢った頃から撮り続けているパートナーのイメージ作品は、Getty Images との契約をはじめ、フランスで発売された写真集 Sensual Photography に3年連続で掲載されるなど評価を得ている。
もう一つ撮り続けている作品「鳥居 “Torii”」は、2014年に New York で開催された「Chigusa Fikushima Sound Meditation ZEN DRAGON」の会場で展示する機会を得ると、同年にグループ展「夏の精霊」に参加。

そして、2020年から業務としての撮影をやめ、作品撮りに専念する事を選び、また新たな活動を開始する。