2017全日本モトクロス選手権シリーズ第4戦 SUGO

宮城県のスポーツランドSUGOで開催 6月3(土)〜4日(日)

全日本モトクロス選手権シリーズ第4戦、ここまで4選手が勝者となっているIA-1クラス、そしてIA-2クラス、
全ての選手たちがそのチャンスを虎視眈々と狙って挑む...
シーズン毎にマシンやチームの環境が変化していく中で、選手たちのコンディション調整は変化の大小はあるにしても、困難なものの一つだろう。
そんな中で、MXGPから帰国した山本鯨選手(#400)の全日本参戦は、多くの選手たちにとても大きな刺激になっているように、ここまでのレースを振り返ると感じることができる。そして、前回大会の勝谷武史選手の1年半ぶりのスポト参戦でのパーフェクトウィンも選手たちに大きな影響を与えているだろう。

 

 

 

IA-1

前回大会でパーフェクトウィンを挙げた Kawasaki Team GREENの小方 誠選手(#10)は今大会もキレが良く、随所で見せるパッシングシーンに会場も大いに沸いた。
スタートこそよくはなかったが、序盤のうちにトップに立つと、後方でバトルする選手たちからわずかにリードを保ちながらの単独走行のままヒート1のチェッカーを受け3連勝をマークした。
2位には Team HRCの山本 鯨選手(#400)、3位には YAMAHA FACTORY RACING TEAMの平田 優選手(#99)が入った。
続いてヒート2、ここでも緒方選手のキレはよく、中盤にトップに立ち徐々にリードを広げるとそのままチェッカーを受け4連勝、2大会連続の両ヒート制覇を果たした。2位には山本選手、3位には平田選手と、ヒート1と同じ選手が登壇した。

緒方 誠選手

今大会では、先日のニッキー・ヘイデン選手の逝去に伴い、Team HRCから表彰式でのシャンパンファイトを辞退することが事前にアナウンスされていた。
この日、2度表彰台に立った山本選手は、手渡されたシャンパンを、他の2選手に気付かれることなく表彰台の上にそっと置いた。


レースの結果、観客をはじめ周りの雰囲気など、様々な状況の中での山本選手のこのさりげなく紳士的な行動に思わわず目が止まった。
世界GPから帰国し今シーズンから全日本に参戦する山本選手、次は一番高いところに立てるよう、きっとニッキー・ヘイデン選手も見守ってくれているだろうと思う。

 

レースの詳細は MFJ ONLINE でご確認ください!!

山本 鯨選手
平田 優選手

 

 

山本 鯨選手

 

 


IA-2

IA-1クラス同様、今大会は2ヒート共に同じ選手たちが登壇した。
そんなIA-2クラスを両ヒート共に制覇しパーフェクトウィンを果たしたのは YAMAHA FACTORY RTの渡辺 祐介選手(#31)だった。
今シーズンはここまで開幕から3連続表彰台に上るも優勝はなく、第2戦関東大会のヒート2での転倒以降表彰台も逃していた。
前戦、予選日の転倒で脳震盪と診断されて決勝を走れなかった Team ITOMOの小川 孝平選手(#912)、そして第2戦の直前の練習中のアクシデントで、大会直前まで入院をしていた N.R.T.の古賀 太基選手(#922)など、決してベストなコンディションとは言えないであろう3選手が今大会のレースの表彰台を飾った。

渡辺 祐介選手

全ての選手たちが、自らのコンディションはもちろん、チーム一丸となって優勝へ向けて環境を整え挑戦しているだろうことは誰もが予測できる。
しかし、そのプロセスとは全く異なり、結果は予測できない。そんな中でのレース・・・
次に表彰台の一番高いところに立つのはどの選手なのか・・・今後の展開にさらに期待が高まる結果となった。

 

レースの詳細は MFJ ONLINE でご確認ください!!

渡辺 祐介選手
小川 孝平選手

 

 

古賀 太基選手

 

 


IB-O

ヒート1

好スタートを切ったのは Y's RACING WITH TWISTER CAMPの佐々木 麗選手(#18)、その後に チーム ピットインの 渡辺 陵選手(#68)、SRMマウンテンライダーズの 手操 将志選手(#6)、同チームの 真野 凌輔(#11)らが続いた。
1週目に佐々木選手が転倒してしまい、変わってトップに立った渡辺選手は序盤から一気にペースを上げると、後続を一気に引き離しそのままチェッカーを受けた。
地元SUGOで嬉しい今シーズン初優勝を果たした。

渡辺 陵選手
ヒート2

再び好スタートを切った佐々木選手に続き、ヒート1で優勝した渡辺選手だったが、このヒートもその速さは衰えず、佐々木選手を抜くと後続を引き離して独走態勢を築く。
このまま渡辺選手がトップでチェッカーを受け、両ヒート制覇を達成した。
一足先に地元SUGOでパーフェクトウィンを達成した兄、渡辺祐介選手に続き、陵選手もパーフェクトウィンを果たし、兄弟揃って地元SUGOを大いに沸かせた。
2位には佐々木選手、3位には鴨田選手が入った。

 

レースの詳細は MFJ ONLINE でご確認ください!!

渡辺 陵選手
鴨田 翔選手

 

 

佐々木 麗選手

 

 


Ladies

決勝ヒート、好スタートを切ったのは T.E.SPORT の川井 麻央選手(#14)、続いてチームメイトの畑尾 樹璃選手(#3)、そしてTeam ITOMOの勝股 七海選手(#9)が続いた。
序盤に畑尾選手がトップに立つと、5,6台でのトップグループを形成し順位を入れ替えながらもトップ畑尾選手を追う展開となった。畑尾選手が順調に走る中、終盤2位を走行していた竹内選手に一気に迫るほどにペースを上げた川井選手だったが、優勝は畑尾選手、そして2位に逃げ切った竹内選手、3位に川井選手となった。

 

レースの詳細は MFJ ONLINE でご確認ください!!

畑尾 樹璃選手
竹内 優菜選手

 

 

川井 麻央選手

 

 


CX & JX

今大会では、3日(土曜日)にJX決勝までが行われ、4日(日曜日)にCX決勝までが行われた。
3日のJX決勝では、レーシングチーム鷹の 中島 漱也選手(#1)が優勝、2位は本スペース&藤原タイヤM:F の川上 龍司選手(#412)、3位は BOSS RACING with KTM福山の佐竹 涼冴選手(#72)の結果となった。

中島 漱也選手

4日のCX決勝では、国内メーカーの4ストローク50ccマシンが走るAクラスと、海外ブランドがの2ストロークマシンで参加できるBクラスの混走で行われた。
レースは、守 大夢選手と(#9)と、ハスクバーナXPKレーシングの 高師 来駆選手(#34)のトップ争いで始まり、わずかに引き離した守選手がそのままチェッカーを受け総合優勝を果たした。総合2位には高師選手、総合3位には SezooハスクバーナELFの勝又 聖太選手(#31)となった。
この日は、大会前から話題となっていたリッキー・カーマイケル氏が来日していることもあって、表彰式でのメダルの授与をカーマイケル氏が行うというスペシャルな受賞となった。

 

レースの詳細は MFJ ONLINE でご確認ください!!

守 大夢選手
高師 来駆選手

 

 

CX表彰式

 

 


 

このほかの選手たちは以下のギャラリーでご覧いただけます!!

IA1クラス IA2クラス IB-OPENクラス レディースクラス JX & CX クラス Exhibition & Snap

 

 


Kazu Racing Project Web Magazine

KRP Web Magazine がお届けするすべての写真は ema Photography.写真家 大関 学 の撮影によるものです。 掲載されている写真のご本人、及び関係者以外の使用は一切お断りさせていただいております。 ご本人及び関係者の皆様の写真の使用に関するお問い合わせは右のお問い合わせにてご連絡下さい。

また、各種レース、イベント、個人ライダー、ニューアイテムや情報などの取材や告知などがありましたら右のお申し込みフォームよりお気軽にご連絡・お申し込み下さい。

Product Screenshots.

Kazu Racing Project を応援してくださる皆様